« 函館のらーめん&もろもろ | トップページ | 豚そば 虎鉄 »

粋人亭風 煮アナゴ

本日は、大き目のアナゴが手に入りましたので、煮アナゴをお勧めいたします。  造り方のオマケつきですので、ご注文の程宜しくお願いいたします。(本当に お店のようになってきた。笑!)

Pc010055大きくて好いアナゴです。 捌いたアナゴを適当な大きさに、切り分けます。

Pc010057 クッキングペーパーを載せ、霜振りの準備を致します。

Pc010058 このような感じで、熱湯を全体に注ぎます。直熱湯をかけると、皮が収縮して反り返りすぎて後が面倒になります。この後、冷水につけ、身を締めます。   

この作業の間に、アナゴの骨を軽く焼き、水で煮詰めます(昆布を私は入れます) その、だし汁1 醤油 1 味醂1 お酒1の割合で 捌いたアナゴを、煮詰めていきます。 煮詰めたのが これ!

Pc010063 美味そうに、煮えています。

アナゴを取りだし、汁を煮詰め「トロリ感」が出たら、それを煮アナゴにかけます。

Pc020065

これで、純米の辛口「黒龍」の熱燗があれば幸福になれます。 ご来店お待ちしています。

|

« 函館のらーめん&もろもろ | トップページ | 豚そば 虎鉄 »

粋人亭」カテゴリの記事

コメント

うわー。とてもおいしそうですね。
私は肉派ですが、これは食べてみたいです。
でも、基本的に魚はさばけません。

投稿: 雨おとこハル | 2007年12月11日 (火) 22時31分

え~
黒龍を仕入れてお伺いしたいのですが、お店はどこに…(笑)

投稿: siochi | 2007年12月12日 (水) 00時06分

穴子の骨を炙って出しをとるとは
半端な料理ではありません。
流石、粋人亭!!
写真から柔らかさが伝わってきますね。

投稿: iseッチ | 2007年12月12日 (水) 12時13分

うーん!まいった!
脱帽です(^_^)
ホントに旨そうですね(^^)
例の一献のお店は「粋人亭」にしましょうか(笑)
いや・・・最初は私が緊張しそうだから外がいいかな(^^;;
二回目以降は是非粋人亭で・・・

追伸:メール届いてますか?

投稿: マンボウ | 2007年12月12日 (水) 16時16分

多忙中の為、端的に
喜んで皆さんに、粋人亭の 会員証を送ります。
マンボウさんメール有難う御座います。
詳細は、後で、これから会議です。

投稿: 粋人 | 2007年12月12日 (水) 17時20分

ハルさん、今晩は。
青森に行きたくなりましたよ。
温泉紀行。それと、ラーメンお願いします。

投稿: 粋人 | 2007年12月13日 (木) 21時42分

siochi さん今晩は。
黒龍の、石田屋と言うのがあるらしい。
それを、手にい入れてください。
美味いらしいいですよ。

投稿: 粋人 | 2007年12月13日 (木) 21時45分

iseッチさんこんばんわ。
何々!色々手を尽くしております。
今度おお会いする時を楽しみにしてます。

投稿: 粋人 | 2007年12月13日 (木) 21時48分

マンボウさん  今晩は。
一献やりましょう。
時運的には、メタボ進化しないように注意だぁ。

投稿: 粋人 | 2007年12月13日 (木) 21時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149325/9356296

この記事へのトラックバック一覧です: 粋人亭風 煮アナゴ:

« 函館のらーめん&もろもろ | トップページ | 豚そば 虎鉄 »