« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月

拉麺 一幕

一幕で「完熟味噌らーめん」を頂く。

ましてや、限定10食の貴重品?

P2250068_2 P2250062

P2250064

結構あっさりしています。 スープの色は白っぽいのに赤味噌の香りが立ちます。

P2250066

麺は、中細の縮れ麺  ツルツルで歯ごたえもあります。

限定に弱い私、満足の一杯・・・しかし880円の価格は?

場所も新琴似です。

レジの横に、民主党の小沢さんや菅さんの食べている写真がありました?

(もう少し、美味しそうに食べていただきたいもんです)

北24条の本店での1枚らしいです。

(住所) 札幌市 北区新琴似10条2丁目1-10

(営)  11:00~22:00

(休)  月曜日

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラーメン阿里山

猛烈な冬将軍も去り、穏やかな日和です。 西区平和に行くか?

賢弟を誘い西区平和に向かいます。

二股を右股にハンドルを切り(切らないか!直進だな)。好きな蕎麦屋も、本日は無視します。 やや走りセイコーマートを、左折少し進むと見えてきます。

P2220028

入店(12:20)満席です。 これは期待できそう。 何せ 「ジョバンニ伯爵」のUPしていますラーメンを見てこれは美味そうの思いだけで、ここまで来たんですから、外れたら怒ります。

P2220029

味噌チャーシュー。 

P2220030

味噌ラーメン。

P2220032 メニューです。

昔のラーメン専門の札幌味噌ラーメン。優しい味です、お客のなかに年配の方も結構見受けられます。

「なほど」と頷くのです。 これは時たま食べたくなる味です。

賢弟「普段濃い目の味に慣れてるせいか、薄く感じるけど、じっくりかみ締めると美味さを感じたな」

粋人「そうだな、いい事言うじゃん」

賢弟「しかし。化調多すぎだな 口が変だ」

粋人「・・・・・・」 愚弟です。

(言わぬが花)を教えときます。

(住所) 札幌市 西区平和2条6丁目4-7

(営)  11:00~14:00 17:00~19:30

(休)  月曜日

帰りに寄った「S&S畜産株式会社}

P2220033

若鶏の半身揚げの隠れた有名店。 大き目の鶏半身揚げが、500円で買えます。

(住所) 札幌市 西区平和1条6丁目1-8

(営)  10:00~19:00

(休)  無休

| | コメント (2) | トラックバック (0)

『居酒屋 まさ』炭火焼き鳥と地酒 

そのお店は、北24条の喧騒を忘れたような所に佇んでいます。 

雪は、飽くことを知らず降ります。寒さは、温暖化を忘れたようです。

そして、私は「肝休日」を忘れています。

P2020010_2 P2190017

お店を出て1~2分、店主に呼び止められます? どうやら、忘れ物を届けてくれたようです。

他人事のように書いていますが、犯人は、私です。「カメラ」を忘れました。 ブロガーの「魂」を・・・武士が、「刀」を忘れるようなものです。

「粋人、切腹です。」

P2020011 付きだし。

モズク酢と切り込み鰊。 モズク新鮮でした。

P2020013

「白レバー、タタキ、砂肝」 鮮度がいいから美味いのは当然です。

P2020012

鱸(すずき)のお造り。申し分ありません。

粋人「日本酒熱燗で下さい。」頼むしかないでしょう。

P2190013

牛の煮込み。 暖まります。

P2190015 P2020015

おでん盛。関西風のお出汁に、食材が自分を主張してます。

P2190016 P2020016

「ふぐのから揚げと揚げだし豆腐」と「ふぐのから揚げ」

P2020017

特製ラーメンサラダ。

やはり、最後は麺で〆ました。

我侭を聞いてくれるので、助かっています。

たまには、ススキノに背を向けて北の夜を探訪するのも『粋』なもんです。

(住所) 札幌市 北区 北24条西2丁目 2-28

(営)  17:30~25:00

(休)  不定休

(電話) 011-757-9494

| | コメント (4) | トラックバック (0)

「プー横丁」でシーフードドリア

札幌は元町にあります洋食屋『プー横丁』 情報番組『いちおし』の「世界で一つだけの味」でも紹介されている有名店。

古い石作りの倉庫を改築したお店、入り口はこんな感じ。

P2180001

P2180011

年配の人にはよく分かる、大塚製薬の当時の新旧(右が、浪花千栄子さん、左が、松山容子さん)揃い踏みです。 擦り傷  皸(あかぎれ)には 『オロナイン軟膏』 今は無き母が、どう考えても「手抜きでしょ弁当」に入れてくれた、『ボンカレー』これが「おかず?」 一瞬頭が「真っ白」になったのを記憶している。 どうやってボンカレーを温めるか?・・・「ピンポーン!」 教室の蒸発桶?(皿)で暖めていただきました。その後クラスで大流行でした。

P2180002 P2180003

店内は薄暗く、入店時は室内がよく見えません。

「お好きなテーブルにどうぞ~。」

(そういわれてもよく見えませんかから)

絵本がメニューになっています。

「シーフードドリア」を注文して、顔を上げて周りを見たら、なんと周りは、アラ!30やアラ!40の見目麗しき女性ばかり、居心地悪し。

(これは、女性が入店しづらいラーメン屋の逆バージョン。しかし私は、理解力のある男です、黙って耐えます。)

P2180007

P2180009シーフードドリア ¥790円

魚介のホワイトソースとトマトライスが、いい感じです。

(これは『クラムチャウダー』も期待できそうです。再訪時には注文します。)

ホワイトクリームには、海老、ホタテ、アサリ、イカ、貽貝(イガイ)「ムール貝」などが入っています。

熱々を、ふうーふうーしながら頂きましたので身体がポッカポッカです。

P2180006 P2180005

お店の成り立ちと、営業案内です。参考にして下さい。

(住所) 札幌市東区北23条東22丁目

(TEL) 011-785-1538

| | コメント (4) | トラックバック (0)

ラーメンゆげや

久しぶりの訪問です。『ゆげや』

P2160042

暖簾が新しくなっていました。 醤油を注文。

(お昼は、ライス、麺の大盛りサービスです)

当然、大盛りにします。

P2160041

3味のほかに「こってり」があり 背脂が足されます。

濃いめの好きな方は、いいかもしれません。

見た目より結構あっさりしています、女性客や家族連れが多いものソンナ理由かもしれません。

ゆげや→湯気や→奥が銭湯です。・・・・なるほど!

(住所) 札幌市東区伏古4条4丁目1-5

(営) 11:00~15:30 17:30~20:00(月、火、金)

    11:00~20:00(土、日)

(休) 水曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

羅麺 とも乃家

P2140036

初訪問。

P2140033

『醤油ラーメン』600円 初訪問ですからスタンダードを頂きました。

熱々のスープです。豚、鶏、野菜で取ったスープに薄めの醤油が、優しい味に仕上がってます。  しかし、出てくるのが早いのが一番の特徴かな(笑)。

P2140032 P2140031

香味料も揃っています。

粋人的には、「香りねぎ」が好みです。

(住所) 札幌市 東区 北36条東16丁目

(営)  11:00~19:00

(休)  月曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

美登利食堂 

休日のうららかな午後、散歩していたら発見(発見といっても存在は知っていました) 

昭和の香りがするお店だ。の「ジョバンニ伯爵」が、ネタにしていたお店。

P2090055

入店、先客なし。店主が一人でTVを見ている。(客用の椅子に座っていた)

あわてる店主。一瞬引く、気の弱い私。

粋人「あのう、醤油ラーメン貰おうかな」

店主「あっ、は、はい」

沈黙・・・・・・。

粋人「メニュー写真に撮っていいですか?」

店主「・・・・・はい」

P2090056

町の食堂ですね。ゆっくりと時間が流れます。

かなり、年配のお客が二人来店。(常連のようだ)

P2090057

豚、鶏、野菜のスープ、生姜の香りがほんのりと、そしてラードです。

典型的な町の札幌ラーメン、子供の頃『美味い』部類に入ったラーメン。

たまには、食べたくなるラーメンです。

P2090059

「小林製麺さん」のシコシコの麺が、又良いんです。

(住所)札幌市 東区北21条東18丁目1-4

(営) 11:00~20:00

(休) 不明

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雪まつり・・そして ラーメン空

ススキノで賢弟と飲みまして。 歌など久しぶりに歌いまして。

〆にラーメン?

この年で良いのかの話はありますが、良いですな。

粋人「お前がびっくりするラーメン屋を紹介する」などと、

過大なPRをしつつ訪れました。『空』さん。

P1150028

店主に、我が賢弟を紹介しまして。(実は我が賢弟 村中明子さんとかなり親しい) そんなこんなで、思い出の「駅亭ラーメン復刻」を無理に、かなり無理に注文しまして、出てきたのがこちら。

(大体店主は、ムラナカの息子さんの所で働いていたのです、店主に頼む事自体が無謀です、しかし、酔っ払いはボーダレスです。お願いしてしまいました。隔世遺伝だあなんてね!)

P2070051

P2070053

賢弟の手です。

P2070054

お店を出まして・・・・・

粋人「どうよ、美味いだろう?」

賢弟「いいね、おかあさん思い出した」

粋人「そうか、良かったな」

賢弟「しかし、濃(こく)が今一だな」

相変わらず、辛口しか言えない愚弟です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

やきとり金富士支店

雪祭りネタですが、雪像の写真も撮り終わり、空を見上げると雪が舞っていてじゃありませんか。 早く身体を暖めなければ凍死してしまいます。

賢弟と温かい処に急ぎます。『金富士支店』さん。

P2070049

20年ぶりの訪問です。 雪の舞う北国の飲み屋・・・雰囲気出てますでしょう?

粋人「おかあさん、ビール2つ」

P2070039

中ビン2本と白菜の漬物が出てきます。

(お酒を頼むと必ずこのような肴がついてきます)

焼き鳥などの注文は、紙に記入していきます。

P2070041

「モツ煮込み」 これ美味しいですよ。 モツ系好きにはたまりません。

P2070046

「湯豆腐」誰がなんと言っても『金富士』ではこれが湯豆腐なんです。 鍋に湯の張ったもんじゃありません。 暖めた豆腐に、刻み葱と、花カツオ、醤油出汁。これが、ホッとする味なんです。

P2070044 P2070043

「焼き鳥」も変わらない味だ。

「美味いなあ」と 呟いたら賢弟が「まあ、まあだね」だと。

若造には、「ノスタルジー」の薬味が入っていないからね、仕方がないのだ。

P2070047 P2070048

いい気分になり、お会計は、4千円少しオーバーです。

粋人「オヤジさん、このお店もう何年になります?」

亭主「40年だね」

粋人「そりゃあ、凄い、これからも頑張って下さいね」

亭主「ありがとうございます」

粋人「又来ます」

亭主「雪降ってますから気おつけて、ありがとうございました」

(本当にいい気分だ)

弟よススキノへ出陣じゃ。

『金富士酒場(本店)』

本店は、ススキノ、若い頃はこちらの利用が多かったな、亡くなった名物ばあちゃんが懐かしい。 そして、札幌で金富士を知っている人は間違いなく「飲んべい」です。

(住所) 札幌市中央区南5条西3丁目北専プラザビルB1 

『金富士支店』

(住所) 札幌市 中央区 南2条西10丁目(狸小路西の果て)

(営)   17;00~0;30

(休)   日曜 祝日

 

| | コメント (8) | トラックバック (0)

春一番

北見方面の出張から戻りまして、TVニュースを見ると、なにやら「春一番」九州や関西、関東に吹いたとか。

そうだ!忘れていました。開店500円ラーメン『春一番』さんの記事忘れていた。そんで、春一番つながり。

Photo_2

味噌ラーメン。

豚骨ベースのスープに合わせ味噌のベーシックな味噌ラーメンです。

早く、温かくならないですかね?

『春一番』 

(住所)札幌市東区北34条東14丁目(札幌新道沿い)

(営)  11:00~15:00 17:00~21:00

(TEL) 011-733-7733

| | コメント (0) | トラックバック (0)

札幌~函館

急に函館行きが決まり。

「スケジュール調整が・・・困るな急になんて」

などと愚痴っては見るが、これは嬉しい急展開。

札幌駅AM8:00『シックス&ハーフ』にて朝食。

P2100063 Bセット350円

豚汁&おにぎり(おかか) ここのおにぎり米が美味い。

お昼近くに函館に到着、時間に余裕があったので少し散策。 

この店には、極寒の吹雪の中 大切な方と「冷たい地ビール」を飲みました。

P2100064

しかし、今年は雪が少ない。降雪の少ない函館市内でもこの時期少しはあるんですが、この通り雪がほとんどありません。3月の中旬の感じです。

お昼は、七飯駅前の『大勝軒』

P2100067

中華そば 650円 煮干の香りがいいバランスです。自家製麺も美味いですね。

P2100069 P2100070

店主と久振りの挨拶をしていましたら、横からお声が?

粋人「おう!テツじゃあないの」

テツ「暫くぶりです、元気でしたか?」

ラーメン屋で知り合いに会うのは、この店が繁盛している証拠。これは嬉しい偶然だ。

(ちなみに、テツはイケメンで独身だ、好きな女も沢山いるが、好かれている女も沢山いる、問題はリンクのバランスか? 買ったばかりのマンションが一人じゃ広すぎる)(笑)

P2100071

粋人「休み増えたんだ」

店主「はい、週休2日にしちゃいました」

(少し申し訳なさそうなその姿勢が良いんだよな)

粋人「もう何年になります」

店主「8年もう直ぐで9年になります」

粋人「それはおめでとう」 

店主「ありがとうございます」

粋人「ところで、何故七飯駅前なんです?」

店主「七飯出身なんです、それで東京に修行に行き帰ってきました。それに、ゆっくり仕事をしたかったんです」

(拝金主義のご時世に、なかなかいえない言葉だな)・・・・

仕事を終え帰りの汽車(17:55函館発)の中です。

P2100074 これが楽しみでもあります。最近気に入っています。『北の駅弁屋さん』・・・・中はこれです。

P2100075

札幌まで、3時間半 いただきます&乾杯!

| | コメント (4) | トラックバック (1)

ヤリ烏賊の印籠詰め

ヤリ烏賊が安かったので創ってみました。

P2010002

酢飯(具材は ヤリ烏賊のゲソや、チラシ鮨の素でもOK)軽く茹でた烏賊を流水で冷やし、水気をきって詰めるだけ。  簡単に出来ます。

ツメをぬってもいいですが、酒の肴にはこのままのほうがお勧めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

第60回さっぽろ雪まつり

さっぽろ雪まつり 昼の部もいいですが、私は夜の部の担当(勝手に)我が賢弟を犬のように引き連れて(賢弟は、写真撮った後の食事を「奢る」の一言に誘われています)そんなこんなの写真を紹介します。

Imgp3273

日が暮れての出撃です。

(実は当日の写真じゃありません 雰囲気作りです)

Imgp3294

札幌テレビ塔

Imgp3288

Imgp3290

おなじみのスケートリンク、皆さん楽しそうです。

Imgp3291

丸井今井 「北海道の人は、親しみを込めて、丸井さんと呼びます」

寂しい限りです。

Imgp3292

Imgp3295

私、オジサンですから。

Imgp3297

Imgp3298

Imgp3296

一応 甚平鮫です。

Imgp3307

ススキノ方面を眺めています。

(私が行きたいからじゃありません?。はっきり、断っておきます?)

Imgp3308

オリンピックネタです。

Imgp3312 Imgp3315

東海大学軽音楽部 アマチュアです。

Imgp3327

Imgp3330

こちらは、プロ 違うもんです。

(白状します。彼らのステージ。ノッテシマイマシタ)

Imgp3336 Imgp3337

Imgp3338

Imgp3340

Imgp3349

夜間飛行です。

Imgp3346 Imgp3354

徳川家康と浜松城。

Imgp3310

Imgp3319_2

願いを込めて。

この後ススキノの夜は静かに深けて行きました。

| | コメント (4) | トラックバック (2)

つけめん 真 shin

2009年初訪問です。 混んでますね。

P7290043

何か自分の事のように繁盛してると嬉しいもんです。店長との会話にも花が咲くってもんです。

今年初めてですので、デフォな、「つけ麺」を注文。

P1240013

濃厚豚骨&魚系の味は、麺との関係も益々バランスがよろしい様で。

粋人「今年も宜しくね」

店長「こちらこそ宜しくお願いします。挨拶が遅れましてスイマセン」

粋人「いやいや、そんなこと気にしないで」

店長「今年も頑張って追求していきます。宜しくお願いします」

(渡辺篤郎似の店長も少し貫禄がついたようだ?)

(住所) 札幌市 東区東苗穂3条1丁目 3-45コスモロイヤル1F

(営)  11:00~15:00 17:00~スープがなくなるまで

(TEL) 011-786-7789

(休)  月曜日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

煮穴子 湯豆腐 シラスの煎餅

粋人亭の料理が溜まっているので吐き出したりします。

最初は、煮穴子です。

P1240015

これから お湯をかけ 「霜降り」にします。

P1250028

出来上がり。 焼酎5杯です。

レシピは、粋人亭 2007・12・11を参考にしてください。

P1240017

湯豆腐。 鱈を入れてしまいました。焼酎3杯です。

P1250022

これは、リンクしている「chobi」さんの料理をパクリまして。

レシピは、佐藤家の食卓 2009・1・17を参考にしてください。

「美味い」です。 焼酎3.5杯です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

麺屋 菜々兵衛 

白石区川下にある、人気上昇中のお店です。 元来「はやり物」には触手が動かないたちなので、今回の訪問も巷の熱が冷めた頃です。

(まあ、店主の隙を突く結果になるんですが、意図はしていません・・・・ふふふ)

13:00頃入店。 白湯塩を注文。

P2020006

P2020007

P2020008

優しい味だ。 鶏の味が優しく染みて来る。 

しかし、「侘助」 「佳」と食べて、ここのラーメンを食べると、舌がついて来ません。

(だから、大盛りにしたんです、抜かりはありません)

メンマ、美味し。 チャーシュー バラ肉と肩ロースは、バラの方が好み。久しぶりに、『麩』がスープを吸って美味かった。

麺は、良い感じに茹で上がっています。しかし、この白湯のスープには、もう少し改良の余地がありそうに感じましたよ。

スープは、好きな味だな。

(ほっ!とするんです)

今度は、デフォな塩を食べます。

住所) 札幌市 白石区 川下3条4丁目3-21

(営)   11:00~15:00 17:00~20:00

(休)   水曜日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

らーめん 佳

長いこと行けて無かった『らーめん佳』さんに、初訪問。

P1300052 天気の良い日。

先客は4名 時間は13:10頃。空いていました。

(今日は、天気もいいし 直ぐ座れるし、うん。良い日だ)

うつむき加減で無口な店主が、黙々とラーメンを創っています。

良い雰囲気がお店に漂っています。

P1300053

濃厚豚骨・鶏 魚介 &煮干粉  ストレート麺  

「こりゃ好き嫌いがはっきりしそうなラーメンだ」

「侘助・佳」

私は、どちらも大好きです。

(住所) 札幌市 豊平区 月寒西1条7丁目8-19 

(営) 11:00~15:00  17:00~21:00

(休) 月曜日 祝翌日

| | コメント (2) | トラックバック (0)

くじら亭

北海道札幌では唯一の「くじら料理専門店」に、会社のスタッフと訪問。

先客なし「口切」です。

まずは、乾杯!!

P1300057

そうそう 来る前に札駅で 水戸のPRイベントがありました。

P1300056 P1300055

記念撮影。

P1300059

『本皮の牛乳寄せ』 美味い! ほんのり鯨の香り。

P1300061

お勧めの「おばんざい」 これ お値段も手ごろで、お味も私好み。酒が進みます。

P1300065

「赤身の刺身」 同行の女子大興奮!

女子「何これ、ちょー美味しい。食べれる」

(我々は、子供の頃から美味しく食べてますから、給食にも出たし、今度から人選考えよう)

粋人「美味い? そう よかった」

(今年は、愛想コメントも止めよう。嘘ですよ女子の皆さん)

P1300066

ベーコンも美味し。『さえずり』が最高です。

P1300067 P1300062

『出汁まき卵に自家製漬物』 これ落ち着くお味だ。

P1300069

『ぐじらの握り』 何も言うことがありません。

美味い!」

女将さん又行きます。

(住所)札幌市中央区北2条西2丁目2-28不二家岡本ビル2F

(営) 17:00~23:00

(休) 日曜 休日

(TEL)011-219-8113

| | コメント (7) | トラックバック (0)

« 2009年1月 | トップページ | 2009年3月 »