« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月

鮨 くどう

 函館から友人が来た、そしてこの店を紹介された?

これは、???。

Aさん「美味いから、約束する」

粋人「そう言う問題じゃなくて、ここは函館じゃないから」

Aさん「兎に角、昨日設計屋のTさんと来て美味かったから」

粋人「そうですか?確かに有名ですよねそこは?」

で・・・訪問。

100525_1814381

蟹の外子

100525_1826471_2

コハダが美味そうだから チョイト工夫してもらいました。

美味いです。

100525_1848021

穴子です。

100525_1905131

国稀のにごり酒 辛口なんで美味い3杯頂きました。

100525_1908441

チェイサーの国稀仕込み水。

美味いです。

100525_1912081

牡丹海老のみその塩辛「速成です」

塩を絡めただけ。美味い。

100525_1931211

カツオの変わり造り。

春です。

100525_1946461

蛸!この包丁の入れ方。

絶品です。

100525_2003341

シメサバ。

国産です、あっさりのなかに旨みが・・・

100525_2045201

この変から、今宵は怪しい、記憶が少しなくなる

国稀恐るべし。

100525_20103711

もろ味味噌と何かの????

この後、握りも頂いたのですが????

この後久しぶりに壊れます。

「幸福!」

この店、レベル高いです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

「頑張れ空知」 妹背牛産ななつぼし

 僕のブログ友達に温泉の好きな方がいます 「温泉マン」さん。

その方が、かなり前から「頑張れ空知」を提唱しています。

それに賛同しまして、こんなものを購入して協賛気分です。

P5010008

温泉マンさん、勝手に応援しています。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

バンバン亭 「ボンゴレラーメン」

 100524_1225381

このメニューで、未食の方が多いので「オペレーションバンバン」

で「ミッションボンゴレ」を勝手に発動。

100524_1229571

醤油味も出来るとのことですが、迷わず「塩」を注文

ラードが入りませんから、湯気が出ています。

個人的には好みの味です。

優しいスープに貝の味(ただし缶詰のアサリ水煮です)が

細麺にいい感じでマッチしています。

お店の名誉の為 貝殻はありませんが身は入っています

100524_1234201

これが、証拠です。

「でもアサリじゃないかも」なんて、野暮は言わない

思って食べればアサリです。

ちなみに本物アサリはこちら

100503_1254411

お店は、博多中洲あたりで頂いたもの。

参考展示。

でも、ボンゴレラーメン美味かった。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

かん平 味噌ラーメン

 なんか、春がまだ遠いのです。

日曜日にお魚と戯れまして、大量だったわけです。

殺生が、祟った訳でもなく 鰈の怨霊に魅入られたわけでもなく。

ここで、味噌ラーメンを頼んでしまいました。

100523_1112441

ニンニクがキツイのであります。

粒粒が、口の中に感じるくらいです。

行者ニンニクでOPPですので、これはいけません。

やはり、普段の行いの悪さでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

長浜ラーメン (札幌仕立て) 「かまだや」

 兎に角、驚きです。

透明なスープが出てくるときに白くなります。

「うまかっちゃん」的味もするし?何か入れています。

ニンニクの味でごまかされいてますが、もしや!牛乳?

まさか!でも白い。

100520_1205411

そして、麺は札幌風

だから、札幌仕立てなんです。

100520_1205301

そして、困ったことに「うまかっちゃん」より美味いんです。

いいなこんな、お店も。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

中トロ丼 【菜の花】

 1年前から比べると少しネタが少なくなったかも知れないし、値段も上がったが、(780円) 美味いです。 日本人に生まれて「良かったー」。

100519_1139131

辺鄙な所ですが、行く価値有と思います。

以前の訪問記事

| | コメント (0) | トラックバック (0)

やっぱり「侘助」です

 なんだか、ラーメンが食べたくない日々が続きまして、

精神状態が良いか悪いか?

しかし、春の訪れや、気温の上昇で簡単に復活するんです、

青春時代からそうです。

そして侘ます。

100518_1141291

ついでに、讃岐ります。

Image006

丸亀製麺です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

朝市の食材でBBQ

 早速BBQに突入です。

100516_1323021

向こう側に鎮座ましていますは、賢弟の義理父です。

よく食べます、話が飛びます、愛嬌があります。

100516_1344251

千葉産の竹の子を料理します。

炊きます、焼きます、食べます。

100516_1451471

100516_1413041

ホッケを干して糠に漬けた保存食、積丹の知り合いから仕入れました

このまま、むしっていただきます。

100516_1319481

行者ニンニク、 ジンギスカンに合うとの事で頂きましたが

お腹の調子を翌日壊した。OPP(お腹ぴーぴー)です。

強壮材料の行者ニンニクでお腹を壊すとは、

人生も枯れて来ています。

夜風が心にしみる帰り道でした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

厚田の朝市

 朝も早くから行って来ました。

厚田の朝市、「シャコ海老が目当てなんですがまだ早いとのこと」

でも、活気があっていいもんです。

田舎の漁港に若者がいる、それだけで、この港が成功してる証拠です。

ホタテが安い「2年ものが、30枚で1000円」

1枚33,33円位ですよ。

本日「BBQ」しましたがそれは後ほど報告します。

100515_1132321

100515_1134421 100515_1135501

100515_1136461

| | コメント (3) | トラックバック (0)

我家「野菜ラーメン塩」

 さっさり味で気に入っています。

こちらの店、本日は夕方にフォーマルなスーツを着ますので

ドカ食い厳禁命令が出ています。

そんな訳の分からない理由で、「野菜ラーメン塩」

あまり沢山の野菜に、麺を残してしまいました。

野菜が高い時期に630円は頑張っています。

100515_1310321

あっさり味の中に、シッカリした味付け

美味いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秘密の寿司屋

最初は。竹の子の炊いたもの。

秘密の寿司屋

ホワイトアスパラ焼き。
秘密の寿司屋

石川県のイカワタ塩辛。
秘密の寿司屋

御造り。

鯨ベーコンと雲丹が絶品。
秘密の寿司屋
九州から 九州時代の部下が研修に来た。

そんじゃ 美味い寿司でも食べさせて

北海道を宣伝しようじゃないの で訪問相変わらず 美味い

握りの写真取り忘れる

蕗味噌も取り忘れる。

大将すみません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

雨の円山で花見

雨の円山で花見
寒い花見 鼻水とビールが絶妙で 円山の烏だけが元気です

| | コメント (0) | トラックバック (0)

「ゆげや」 安心の一杯 

 久しぶりのラーメンです、別に「ラマダン」のような宗教的なストイックな

人間でもありませんから、ただ、偶然ダイエットです。

塩ラーメンを頂きます。

100511_1115571

100511_1116161

今回も、「ありがとう」の一杯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

我ん坊

 連休明けのランチは、この店です。

九州出身の店主が、お安く昼も夜も美味しい肴を提供してくれます。

100506_1215321

何時も何時も、ありがとうございます。

偶には、肴の紹介。

ホッケのフライ、 イカ天、芋天、豚しょうが焼き、マーボウ春雨

玉子焼き、竹の子土佐煮、香の物、バナナヨーグルト、

600円です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宅ラー 「うまかっちゃん インスタントラーメン」

 某日某場所で頂いた、うまかっちゃん。

作り方を工夫するとこんなに美味しくなります。

布袋の焼き鶏缶詰や新玉ねぎを入れますと「良いんですな」

後は、お水加減を工夫します。

文句なししになります。

P5040013

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鮪のヌタ和え

 今晩は、本日の粋人亭の肴は、「鮪のヌタ和え」でございます。

黄金週間が終わる本日の癒しの肴でございます。

P5050014

きりりと冷えた、純米酒がお勧めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

鯖すし 八戸港町

 頂き物ですが物ですが、八戸の鯖すし。

日本近海の脂のった鯖が水揚げされる八戸の鯖ですから

美味いに決まっています。

P4230006

P4230005

まったくもって、ビールが合います。

日本酒なら冷えた純米が合いそうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »