« 竹田 「荒城の月」そして延岡 | トップページ | 九州写真の旅「五ヶ瀬川」 »

九州写真の旅 延岡「とんちゃん」

 懐かしお顔、山さん

「どうもどうも」とお互いに、

それで10年の月日が埋まってしまうのは

女性には、申し訳ないが、男同士なのである。

其のことに、人生の優劣や価値観の軽減はありません。

「とんちゃん」です。

Dscf0696

まずは乾杯!

ここの名物の煮込み「とんちゃん」屋号にもなっています。

Dscf0698

牛もつの煮込みであります、塩味がキツめですが、

旭化成の工場がある、企業城下町延岡。

これでなくてはいけません。

「しかし美味い」 

(酒場放浪記の吉田類さんの好みの味と思うが?)

しかし本番はこれから。

Dscf0699

本カワハギの活け造り。

Dscf0700

この肝が、食欲120%です。

Dscf0707

ポン酢に溶かし、薄造りを頂きます。

Dscf0703

宮崎と言えば、地鶏の炭火焼です。

旨過ぎます。

Dscf0705

よく飲み、よく語り、次を約束してこの日は終了。

友は、ここから電車で帰ります。

Dscf0709

次の駅、日向に住んでいるので電車で帰ります。

私は、・・・・・。

Dscf0710

こんな所寄らずに、ホテルに帰り、明日に備えます。

コンビニで、酒を少々購入しましたが(笑)

明日の旅たちは早いので、・・・・続く。

|

« 竹田 「荒城の月」そして延岡 | トップページ | 九州写真の旅「五ヶ瀬川」 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149325/41457800

この記事へのトラックバック一覧です: 九州写真の旅 延岡「とんちゃん」:

« 竹田 「荒城の月」そして延岡 | トップページ | 九州写真の旅「五ヶ瀬川」 »