« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »

2011年10月

おうちあそび

 おそのちゃんの紹介です。

広島出身の店主が、キラリと光るコメントがいい味出しています。

Dscf0936_2

写っているのは、私の奴隷です、気にしないで下さい。

Dscf0928

こんな日本酒があったりします。

Dscf0929

当然美味いです。

Dscf0935

「とんぺい」です。 これは焼酎にあいます。

Dscf0930

イカののした天ぷら風・・・名前忘れた。

おそのさん。から頂いたお土産も、この店に忘れた。

あら!楽し!

Dscf0931

奴隷1号2号です。(この表現にカチンとくる方は、椎名誠さんの

小説を見ると理解できます)

【ちなみに、「わしらは怪しい雑魚釣り隊」を買ってください。】

勝手応援団です。

Dscf0932

このお店の店主です。

顔は、イケメンですが口はいけてません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

北の会

 沖縄に来てから早1年を過ぎ、

思い起こせばお世話になりっぱなしの北の会の人々。

Dscf0925

かなり良い気分の人達。

酒は飲め飲め飲むなあらば〜。

飲むと、酔うんです。

Dscf0926

新しく参加の新婚さん。

旦那が「うちなんちゅう」 奥様が「札幌」

ご幸福になってください。

Dscf0927

そして、我らが「北の会」の幹事長でであり元RBCアナウンサー

柳卓さん。

この方の御陰で会の運営が続いてると言っても過言じゃないのは

会員の皆が知っていることです。

(最近、メタボなのを会員は知ってるが、大人の思いやりで言わないのである)

この日も盛り上がり楽しいー1日でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

大分の夜 

会議で大分に出張。

無事会議も終わりまして、温泉(sama、sama)に入浴に行きました。

広い施設で、良い湯加減でした。

帰りに、ホテルご推薦の居酒屋「かみ風船」で晩酌セットを

頂きました。

Dscf0903

1980円を注文。

ザル豆腐、に南瓜のサラダ、ビールに合います。

Dscf0904

新鮮な刺身盛り合わせが美味い。

ヒラメと中トロ、鰤。

Dscf0905

Dscf0909

このコロッケ馬鹿旨でした。

Dscf0907

関さばの一夜干し、旨いに決まっています。

これにジョッキー2杯ついての値段ですからCPは高いですね。

追加で、関さばと、関あじの握り&大分ですから麦焼酎を頂きました。

Dscf0915

Dscf0910

兼八(はだか麦使用)香りと度数の強い美味しいい1杯でした。

明日は、ゴルフコンペです、風邪気味でもあるので

早めに帰って寝ましょう。

コンペの結果は・・・・神様の御陰で優勝できました。

夢です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

秋刀魚パーティー

 K大先生宅で「秋刀魚パーティー」を開催しますとのお誘い

即決というより、秒決(こんな言葉あるか知らんが)です。

大先生宅は、那覇市の中の高層マンション。

Dscf0876

国際通りがこんな感じで眺められます。

何はともかく宴会料理です。

大先生と、奥様の手料理であります。

Dscf0878

じやがいも、牛肉の炒め物 すごい量です。

「これが旨いんだ」

ビールがどんどん無くなります。

Dscf0879

数の子の醤油漬け。

Dscf0880

自家製のスモーク。

サーモンが美味い。

Dscf0882

北海道直送の秋刀魚、新鮮この上なし

尻尾を持つと空に向かい立ちます。

秋刀魚の刺身てんこ盛り。「半身を3切れ」ですから

1個が大きいんです。

笑えるくらいの量です。

Dscf0884

奥武山の花火見放題。

Dscf0885

花火観戦中は「プープーが見張り番」?

見張りより狙ってるのかもしれん。

Dscf0886

奥様が、秘蔵のGODIVAのチョコを出して下さり。

持参のワインと合わせてみました。

「文句なしです」

Dscf0890

豚丼が、突然登場 経緯はわからんが「美味い」

散々暴飲暴食をいたしまして、解散の時を迎えましたら

大先生は、一人スロットをしてまして、

そこが「いい歳こいて可愛いのであります」

Dscf0899

本日は、ご馳走なりました。

今度は、牡蠣なんぞがよろしいようで

また宜しく。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

宮古そばとソーキそばの専門店「田舎」安謝店

 最近めっきり涼しくなってきました。

エヤコンなしで過ごせるのは、体調管理にも文句なしです。

文句と言えば、お昼に何を食べるか決まっていないことで

そんなことに、執着するお年頃になったのかと考え深く思う今日この頃です。

「どんな年頃かって?」それは、都合の悪いことを

何喰わぬ顔で流すくらいの年頃ってことです。

そして、そんな年頃に優しい「沖縄そばのお店です」

Dscf0759

民家をそのまま使っています。

靴を脱いで中に入ります、当然玄関が使い古しの靴で埋まります。

決して、食事前の風景としては良いもんじゃありませんが

そんなの気にしている人は誰もいません。

良い、日本の風景があるってもんです。

Dscf0754

なんとも味わいのあるメニューです。

達筆です。

毛筆自慢の店かもしれません。

自慢の350円を頂きます。

Dscf0757

こりゃ、PCが高い一品です。

あっさりの中に旨みが香る一杯です。

ソーキも4個も入ってます。

めんは、宮古の麺です(平打中太縮れ麺)

女将さん一人で仕切ります。

実家に帰り、母の手作りのそばを頂いている気持ちになる事間違いなしです。

御馳走様でした。

住所 那覇市安謝186 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

宜野湾そば

さてさて、天気も良いし、お昼は何を食べようか?

休日の昼食は、これで結構悩むもんです。

ブログで調べたり、本で調べたり。

しかし、かなりの確率で麺になるのは、ご先祖様のせいにするのは

不謹慎なこととぐらいこの年になれば、判断が付きます。

DNAが何か関わりがあ或のかとか?

言い訳が多くなりながら、ここは我如古です。

「上閒てんぷら弁当店」のお客が溢れています。

安くて、美味い弁当を提供してくれますが、高カロリ-もオマケでついてます。

気を付けなければいけません。

その横っちょに、こっそり沖縄そばの人気店があります。

「宜野湾そば」です。

Dscf0853

お薦めの宜野湾そばを頂きます。

濃いめのスープを注文

(スープは濃いめ、薄目を選べます)

これは、お味的には沖縄そばより、ラーメンに近くなっています。

Dscf0858

プルプルンのてびち(豚足)

油は、全く感じません、コラーゲンたっぷりの感じです。

Dscf0859

軟骨ソウキ、口の中で蕩けます。

Dscf0860

三枚肉(バラ肉)も美味いですね。

Dscf0856

フーチバ(ヨモギ)がまた味のバリエーションを増やします。

宜野湾そば

またカロリーと無駄な戦いが続きます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

コーヒーと丼「くくる」

このお方のブログを拝見して、矢も盾も居られなくなり訪問

関東味に飢えていまして・・・・

沖縄は那覇市浮島あたりにあります。

K大先生の高級マンションのすぐ近く、こっそり訪問します。

何故こっそりか問わないでいただきたい、所謂流れでってやつです。

関係各位に波風を立たせるのが本心ではなく、野田総理の今後を見守るのです。

Dscf0861

海鮮かき揚げに、ミニそばを注文します。

くくる前から決めていました。

「オヤジです」

Dscf0863

なんとシンプルな配膳でしょう。

関東の香りが、来てます。

そんなことは2次元のウェブ上ではどうでも良いことですが

一応断りお入れとかないと、「その時はっきり匂いがしたのか?」

とか「どのような状況でその臭いを感じたのかと?」

税金を有効に使用する質問が得意な検察の方が五月蝿いのでして、

Dscf0864

「だから、海鮮かき揚げは・・・・美味いな〜」

Dscf0867

ミニそばも、蕎麦じゃないけどこれも

「美味い〜」

沖縄の一日は過ぎてゆくんです。

北の故郷では初雪だそうで、ラヲタのお仲間はお元気でしょうか?

日本は長い!

くくるさん。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

ディープな夜スモーキーなお店

 農連市場の近くだったとの記憶がありますが、定かではない

心地よい気狂水のせいか、楽しかった記憶だけが星屑ほど残っている。

乾杯はした。証拠はある。

031

こんなのを頂いている

032

しかし、心残りなのは、こんなに美味しそうなスモークの

味の記憶がないことだ、

033

あああ!

美味そう。

おそのちゃんまた連れてって、お願い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

博多「魚末」で慰労会

 長いことお世話になった、先輩が引退する。

「お前と飲みたいから」の一言で、博多で待ち合わせ。

「魚末」です。

10数年前博多で仕事をしていたとき、よく通ったお店。

Dscf0831

いろいろな思い出がたくさんありますが、

「ご苦労様でした」

これからも飲みますよ、先輩。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2011年9月 | トップページ | 2011年11月 »