« 江戸切子 | トップページ | 沖縄そば「根夢」 »

すしの芳野

 沖縄に来てから、美味しい寿司屋を求めて、半ば

諦めていたのですが、紹介がありまして訪問したこのお店

中々、いけてるのであります。

お店は、カウンターだけ「池波正太郎」

先生なんかの本によりますと

テーブルの置いてない寿司屋はお高いそうですが

このお店は、それほどでもありません。

しかし、全てお任せで、お任せが終わった後は、

お客の好みで仕事をしてくれます。

Dscf1391

マグロのトロを炙っ1品

ビールで喉を潤したら写真の前に食べてしまいました。

Dscf1392

芝海老は入っていませんが美味い卵焼き

新ワカメ、梅干が美味い。

「今度仕入先を聞いてみよう」

Dscf1393

白身の魚に、明太子を和えたもの

Dscf1394_2

ブリを焼いた1品

まだ早いかも ワカシクラスかも。

Dscf1396

Dscf1397

北海道産水タコ、美味い。

口の中に海が広がります。

この前に、ヒラメを頂いたのだが写真撮り忘れ

Dscf1399

大好物のコハダ、文句なし。

酢めしが、東京です。

Dscf1401

車海老。

沖縄は、車海老がうまい。

Dscf1403

トロ。

Dscf1406

箸休めには、最適 酒が進みます。

Dscf1407

ウニ。

磯の香りが鼻腔を通り抜けていきます。

Dscf1408

穴子、薄く味が付いています。

これいい仕事しています。

Dscf1409

これで、お任せは終わり 後はお好みで

頼めます。

予算は、一人8千円~1万円程でしょう

当然、ビールや

Dscf1398

泡盛何かを結構飲んでです。

再訪決定のお店です

|

« 江戸切子 | トップページ | 沖縄そば「根夢」 »

鮨屋」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149325/45502084

この記事へのトラックバック一覧です: すしの芳野:

« 江戸切子 | トップページ | 沖縄そば「根夢」 »