« ハタハタの味噌漬け焼き | トップページ | 石垣牛 »

カツ丼 にて相撲を考える

 本日の大相撲(博多場所)、白鵬対稀勢の里戦は

面白かった、人気低調気味の大相撲だが、本日のような取り組み

が多けれは面白い事になっていくだろう。

日馬富士対鶴竜戦は、少し残念 鶴竜の工夫が全く見られず

巻き返しのタイミングで、押し出されるのは頂けない。

ファンは、ヒーローを待っている。

遠藤の登場も明るい材料だ。

明日の横綱同士の一番は、優勝が懸っているので面白そうだ

カツ丼でも食べながら、観戦しよう。

Img_0269


港食堂のカツ丼、薄味の味付けが、学食堂の味に似ている

しかし、カツは3倍の厚さが有り美味さも比べ物にならないが

なんとなく感じてしまう。

|

« ハタハタの味噌漬け焼き | トップページ | 石垣牛 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

カツ丼についてなら思いもたくさんあります
卵感は良さそうですね

投稿: John.John | 2013年12月 2日 (月) 09時27分

John.Johnさん
カツ丼部沖縄派遣社員を
任命されていました私。
濃いめの出汁のカツ丼が食べたく
なりました。
美瑛の純程の肉の厚さはありません。

投稿: 粋人 | 2013年12月26日 (木) 09時32分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/149325/54030863

この記事へのトラックバック一覧です: カツ丼 にて相撲を考える:

« ハタハタの味噌漬け焼き | トップページ | 石垣牛 »